大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

トマトを作ろう

トマトを作ろう   トマトを作ろう  
 
用意するもの  
苗・苦土石灰・堆肥・化成肥料・液肥・支柱  
苗を準備する  
苗は種苗店などで売っている本葉が7~8枚ついた元気なものを選んで購入します。 節がまのびして丈ばかり長いものや葉の色が悪いものは育ちがよくないので避けましょう。  
畑の準備  
苗を植える2週間前に1平方メートルあたり150グラムの苦土石灰を散布して、深く掘り起こします。 1週間前になったら幅60センチの畝を作り中央に幅20センチ深さ35センチの深い溝をほって6キロの堆肥と120グラムの化成肥料をまき土を戻しておきます。  
苗を植える  
苗を植えつける前の日に、60センチ間隔で畝に直径30センチくらいの植え付け用の穴を掘って液肥たっぷりやっておきます。 苗は根についた土をくずさないようにやや浅めに植え倒れないように土寄せしておきます。 またトマトはわき芽も同じ方向に出る性質があるので、花芽が同じほうに向くように苗の向きをそろえて植え付けます。 植えつけ後は、苗が風で倒れないように仮の支柱として短い棒を斜めに差して軽く結んでおきます。  
支柱を立てる  

苗を植え付け後、草丈が伸びて本葉が10枚程度になったら、仮支柱を長い支柱に取り換えましょう。 支柱は合唱させてくみ茎の伸びに合わせて誘導させてやりひもで固定します。

 
わき芽を摘む  
トマトは本葉のつけ根から次々とわき芽が出てきて、放っておく葉が茂りすぎていい実も付きにくくなります。 早めにわき芽を摘み中心の茎だけをのばしてやります。  
摘芯  
生育するにしたがって下からだんだんと花房が付いてきますが第5花房まで実をならせることにして、 第6花房の下で2枚の葉を残して芯を摘んで生育をとめます。  
追肥  
苗を植え付けてから、1か月に1~2回の割合で化成肥料をひと握りずつ与え土寄せしておきます。  
病害虫を防ぐ  
葉が細かくとがったりモザイク状の斑点が現れた場合、葉を抜いてほかの株への伝染を防ぎます。  
収穫する  
品種や天候などによって収穫時期は違ってきますが普通は花が開花してから40~50日で収穫できます。下のほうから実がつくので十分に赤くなるのを 待ってから収穫します。ハサミを使わなくても手で十分収穫できます。  
   
   
野菜教室へもどる