大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

たまねぎを作ろう

玉ねぎを作ろう   たまねぎを作ろう  
 
用意するもの  
種・苦土石灰・堆肥・化成肥料  
苗を育てる  
種まきの2週間前に、1平方メートルあたり150gの苦土石灰をまいて耕し、1週間前になったら1平方メートルあたり3キロの堆肥と100gの化成肥料をまぜ、 53センチ幅の畝を作ります。種まきは、畝の表面を平らにならしてから12センチ間隔ですじまきしフルイで軽く土をかぶせます。土が乾燥していると 発芽しにくいので、前もって水やりをし、種まき後は乾燥防止に敷きワラをしておきます。  
畑の準備をする  
新玉ねぎの栽培は、排水良好な砂質土壌が適していて酸性土壌に弱い。 苗を植え付ける2週間前に、1平方メートルあたり150gの石灰をまいて耕し、その1週間後、60センチ間隔で植え溝(幅15センチ・深さ15センチ)を掘ります。 1平方メートルあたり3キロの堆肥と100グラムの化成肥料と30グラムの過リン酸石灰を混ぜたものを溝底に施し、5センチほど土を戻しておきます。  
苗を植え付ける  
草丈30~40センチ、太さ6ミリほどの苗を選んで、植え溝の北側に寄りかからせるようにして10センチ間隔で植え、根元に土をかぶせます。防寒にワラやもき殻 を根元に敷き、春、芽が伸び始める前に化成肥料を追肥し、土寄せします。苗の重さは3グラムが標準。  
収穫する  
葉が黄色くなり茎が倒れたら、晴天続きの日を見計らって、まだ青味があるうちに掘って収穫します。  
   
   
野菜教室へもどる