大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

すいかを作ろう

すいかを作ろう   すいかを作ろう  
 
用意するもの  
種・苦土石灰・堆肥・化成肥料  
畑を準備をする  
種まきの2週間まえに、1平方メートルあたり100グラムの苦土石灰をまいて耕します。 1週間前になったら直径30センチ・深さ15センチの穴を1メートル50センチ間隔で堀り3キロの堆肥と100グラムの化成肥料を底土に混ぜ合わせます。 そこに地表面より2~3センチ高く円形の床を作ります。  
種をまく  
盛り上がった床に4~5粒づつ種をまき、5ミリほど土をかぶせ、水を十分にやったらホットキャップで保温します。 本数が少ない時は、苗を購入して植えつけると簡単で便利です。  
整枝をする  
親づると株元から延びるこづるを2~3本残し、そのほかの子づるや孫づるは摘み取ってしまいます。  
人工授粉  
基本的には人工授粉の必要がありませんが、雨が続いたり株の育成が思わしくないときは、早朝に雄花の花粉を雌花の柱頭のつけてやります。  
収穫する  
果実が大きくなったら玉直しをします。表面を軽くたたいて音が濁らなくなったら収穫します。  
   
   
野菜教室へもどる