大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

さといもを作ろう

さといもを作ろう   さといもを作ろう  
 
用意するもの  
種いも・苦土石灰・堆肥・有機配合肥料・化成肥料  
種いもを用意する  
種いもは4月~5月中旬、植え付けの前に種苗店で、40~60gの形のよいものを選んで購入します。  
畑の準備をする  
植えつけの2週間前に、1平方メートルあたり50gの苦土石灰を散布して耕し、幅90センチの表面が平らな大き目の畝を作ります。  
植え付けをする  
畝の中央に幅13センチの溝をつくり、40センチ間隔で種いもを芽を上にして置いていきます。 このとき、種いもの間に元肥として堆肥200グラム、有機配合肥料30グラムを施します。元肥と種いもが直接 触れないように合土をして、土をかぶせてます。  
寒さ対策をする  
植え付け後2~3週間くらいで発芽しますが、発芽の適温は25~30度なので、気温が低いときは ビニールで保温しましょう。  
追肥をする  
本葉がつき始めたときと、梅雨が明ける前に2回化成肥料を一握り施しましょう。 このとき子いもから出た芽を全部丸めて土で押さえるようにして土寄せしておきます。 夏は土が乾燥するため水やりしましょう。  
収穫する  
10月下旬ごろ、霜が降りる直前の晴れの日を利用して収穫します。 地上に出ている茎を切り取り、スコップなどで子いもを傷つけないように大きく掘り起こしましょう。 収穫が多いときは、陰干した後、親いものに子いもをつけたまま土に埋めて保管しておきましょう。  
   
   
野菜教室へもどる