大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

にんじんを作ろう

にんじんを作ろう   にんじんを作ろう  
 
用意するもの  
種・苦土石灰・堆肥・化成肥料・過リン酸石灰  
畑を準備する  
種まきの2週間前、1平方メートルあたり150グラムの苦土石灰を散布して耕します。 1週間に元肥(1平方メートルあたり3キロの堆肥と150グラムの化成肥料、30グラムの過リン酸石灰を施し50センチの畝を作ります。) にんじんの根が石などにあたると又根になりやすくなるので石などは十分取り除いておきましょう。  
種をまく  

種は浅い溝にパラパラと多めにまき、土をかぶせます。種まき後は乾燥しないように水を切らさないようにちゅういしましょう。

 
間引きする  
本葉が2枚になったら1度目の間引きを行いさらに本葉が6枚になた時にも間引きし株間隔が15センチぐらいになるようにしましょう。  
追肥をする  

間引いたときに、化成肥料を1株につき一摘みづつ散布して軽く耕して土寄せしておきましょう。 また、雑草が多いと成長が悪くなるためこまめに除草しておくことも忘れずに。

 
病害虫を防ぐ  
夏などはコウロギやキアゲハの幼虫が発生して被害を受けることがあるので見つけ次第取り除きましょう。  
収穫する  
にんじんの肩が張ってきたら抜き取って収穫します。収穫が遅れると根われが多くなります。  
   
   
野菜教室へもどる