大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

ねぎを作ろう

ねぎを作ろう   ねぎを作ろう  
 
用意するもの  
種・苦土石灰・堆肥・化成肥料  
苗を育てる  
畑の一部を苗床にするため1平方メートルあたり150グラムの苦土石灰をまぜ、3キロの堆肥と100グラムの化成肥料をすきこんでおきましょう。 種は1晩水に浸して苗床に10センチ間隔ですじまきし、土を薄くかぶせて敷きわらをします。1週間ほどで発芽するので敷きわらをはずし 本葉が3枚くらいの時に2センチ間隔になるように間引きします。苗が5~30センチくらいになるまで育てるのでその間、肥料切れをおこさないように 10日に1回化成肥料を軽く与えます。  
畑の準備  
苗を植え付ける2週間前に1平方メートルあたり120グラムの苦土石灰をまき、よく耕します。1週間前になったら幅85センチの畝を東西に作り 幅13センチ深さ17センチの溝を掘ります。溝を掘ってもくずれないようはじめに土を落ち着かせておきます。肥料は生育を見て判断します。 とくに痩せた土壌でなければ元肥はいりません。  
苗を植える  
苗を植え溝の北側に10~15センチ間隔に立てかけるように並べ、底に3センチほど土を入れます。 さらに乾燥を防ぐために、その上に堆肥や切ったワラを入れます。  
土寄せ  
苗を植えてから40~50日たったら一回目の土寄せをします。一度に5~6センチの土をかけこのとき化成肥料を1株に一握りずつ与えます。 その後土寄せを2回行い最終的に葉と茎の分かれめまで土寄せをします。  
収穫  
最後の土寄せから3~4週間したら、畝の端から土をくずして根元から抜き取り収穫します。  
   
   
野菜教室へもどる