大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

きゅうりを作ろう

きゅうりを作ろう   きゅうりを作ろう  
 
用意するもの  
苗・苦土石灰・堆肥・化成肥料・支柱  
畑を準備する  
日当たり、水はけのよい場所をえらびます。植えつけの2週間前に、1平方メートル100グラムの苦土石灰を全面に施し、 1週間前には1平方メートルあたり3キロの堆肥と、100グラムの化成肥料をすきこみます。きゅうりは肥料切れに敏感なので土作りはしっかり行います。  
苗を植え付ける  

初心者には、市販の苗を植え付けるのがおススメです。本葉が4~5枚つき節間が詰まった苗を入手、 幅70センチの畝に60センチ間隔で直径10センチの穴を掘って植え付けます。この時穴に液肥をたっぷりと注ぎます。植えつけあとは、根元がぐらつかないように 周りに土を寄せ、水を十分に与えます。種を直播するときは、1か所に4~5粒ずつ、2センチ程の深さにまき、土をかけて水をたっぷりやります。 約1週間で発芽するので、本葉が7枚以上になったら間引きして1本立ちにします。

 
追肥をする  
本葉が10枚くらいになったら、肥料切れにならないように1か月に2回程度の割合で追肥しましょう。 1株に一握りの化成肥料を施し、土寄せします。  
支柱を立てる  
草丈が30センチほどになったら支柱を斜めにたてて茎をひもで結びます。生長してつるがのびはじめたら、2メートル支柱を合唱に組み、つるを誘引します。  
摘芯をする  
つるが伸びすぎると風通しが悪くなり、病害虫の原因になります。親づるは支柱の高さで摘芯します。 また、根元付近も側枝を取り除いて風通しを良くしてやります。  
収穫する  
開花後2週間程度で収穫できます。朝、つるを傷めないようにハサミで切り取ります。 大きくなりすぎると株が弱るのでちょうどいいサイズで早めに収穫しましょう。  
   
   
野菜教室へもどる