大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

カリフラワーを作ろう

カリフラワーを作ろう   カリフラワーを作ろう  
 
用意するもの  
種・腐葉土・苦土石灰・堆肥・化成肥料 育苗箱  
苗を育てる  
土に腐葉土を3~4割入れ混ぜ育苗箱に土を入れます。種をすじまきし、土を薄くかぶせます。そのあと水をたっぷりとやりましょう。 種まき後は、直射日光をさけ、間引きしながら育てます。  
畑の準備  

植えつけ2週間前に苦土石灰をまいてよく耕しておきましょう。1週間前になったら幅45センチの畝をつくり、畝の間に溝を掘って堆肥と 化成肥料を混ぜたもの(1平方メートルあたり堆肥3キロと化成肥料100グラム)まきます。

 
苗を植える  
苗を植え付ける前日に、畝に45センチ間隔で深さ10センチほどの穴を掘り、水で十分湿らせておきます。そこに土をつけたままの苗を植えつけ 根元がこんもり盛り上がるように土をかぶせ水をやります。  
追肥  
苗を植え付けた後、20日したら化成肥料をひとつまみ株元へ、さらに本葉が10枚の時と15枚のときに追肥し土寄せしておきましょう。  
外葉を束ねる  
秋になると花の蕾が出てきます。蕾は直射日光に弱いため5~6センチくらいになったら外葉で蕾を包んでひもで結んでおきましょう。  
収穫する  
蕾を外葉でつつんでから2週間くらいすると蕾が盛り上がってくるのでひもをほどき茎を10センチくらいつけて収穫しましょう。  
   
   
野菜教室へもどる