大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

じゃがいもを作ろう

じゃがいもを作ろう   じゃがいもを作ろう  
 
用意するもの  
種いも・苦土石灰・堆肥・化成肥料  
種いもを用意する  
種いもは種苗店などで購入します。スーパなどで購入したいもは病気が出ることがあるので注意しましょう。40gならそのまま植え、それ以上なら切り分けて植えます。  
畑の準備をする  
植えつけの2週間前に、1平方メートルあたり50g程度の苦土石灰をまいて耕します。1週間後に幅60センチの畝を作り、幅15センチ・深さ15センチの溝を掘り、 そこに1平方メートルあたり3kgの堆肥と、100gの化成肥料を入れ、5センチほど土をかぶせておきます。  
植えつけをする  
種いもの芽を上にして、溝に30センチ間隔に置き、土を5~6センチかぶせ上から軽く押さえます。  
芽かきをする  
植えつけ後、3週間ほどで発芽します。この時に数センチの厚さに土寄せして、霜から芽を守ってやります。さらに新芽が数本出てきたら、 10センチほどの時に元気のよい芽だけ2本残るように芽かきをします。種いもごと抜かないように、根元を抑えて芽を取り除きます。  
土寄せをする  
草丈が20センチほどになったときと、つぼみがついたときに追肥として化成肥料をひと握り与え、土寄せをします。 その後も新いもが地上に出ないように、適時に土寄せします。  
収穫する  
花が咲いて、葉が黄色く枯れてきたら収穫します。いもの育ち具合を確かめながら、株ごと掘り出します。  
   
   
野菜教室へもどる