大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

えだまめを作ろう

えだまめを作ろう   えだまめを作ろう  
 
用意するもの  
苦土石灰  
土づくり  
はじめに苦土石灰をまいて10日間くらい土を寝かしておきます。苦土石灰をまいて5日めに元肥を施して70センチ~90センチの畝を作ります。 窒素分肥料が多いと、茎葉が徒長して実つきが悪くなります。肥沃な畑なら肥料を加減しましょう。  
種まき  
地温が15度以上に安定する4月下旬以降なら種まきがす。時期が遅くなるほど、株が大きく茂るので、株間を広げます。  
植えつけ  
もっと早くまきたいときは、ポリポットに1センチの深さで2~3粒まき、ビニールトンネルの中で管理します。 4月下旬ぐらいになったら、本葉も出ているので、2本苗を種まきと同じ要領で植えます。  
間引き  
本葉2~3枚で、2本に間引きます。  
土寄せ  
本葉4~5枚のころに、株の様子を見て追肥し、土寄せをします。株が倒れないよう、しっかり土を押さえます。 土寄せは5月中に2~3回行います。  
   
   
野菜教室へもどる