大地の小判/浜松/静岡/さつまいも/干し芋/ほしいも
大地の小判農場
Pages

だいこんを作ろう

だいこんを作ろう   だいこんを作ろう  
 
用意するもの  
種・苦土石灰・堆肥・化成肥料  
畑の準備  
大根は比較的酸性に強いほうですが種をまく2週間前に、苦土石化をまいて畑を中和しておきましょう。 このときによく耕しておき畑の中の石ころや肥料の塊を取り除いておきましょう。 1週間前になったら幅70センチの畝をつくり畝に20~30センチおきに溝をほり一握りの堆肥と20グラムの化成肥料を施します。  
種をまく  
種は、元肥と元肥の間に浅いくぼみを掘っておき1か所に6粒ずつまき、2センチくらい土をかぶせておきます。  
間引き  
種まき後、2~3日で発芽します。発芽後は数回に分けて間引きを行い本葉は2枚で1か所に4本に、 さらに本葉が4枚で2本にし、本葉が6枚で1本にします。間引きは残す株を傷つけないように慎重に行います。  
追肥  
間引きに化成肥料を一つかみずつ株元にまき、土寄せして根のふらつきを抑えます。 根が動くと大根の首が曲がりやすくなるので注意しましょう。  
収穫  
秋まき大根は、品種によっては種まき後90~100日ほどで収穫できます。葉が大きく広がり根が地上に出たら引き抜きます。 地上に出ないものは、周りの土を軽く掘り起こしてから抜くと簡単に抜くことができます。  
   
   
野菜教室へもどる